2016年10月 7日 (金)

性(セックス)とは何か? 生殖とは何か?

生への意志の挫折としての生殖



 バタイユは、「エロティシズムとは、死におけるまで生を称えること[1]」だと『エロティシズム』の冒頭で述べる。この書においてバタイユが描こうとしたのは、人間が性愛や供犠によってその生命の失われた連続性を回復しようとするさまである。バタイユは、生命は本来連続的なものだと考えている。しかし、生命は個体というかたちで現象するゆえ、その連続性は絶ち切られる。ゆえに個体は不連続な存在と呼ばれる。個体としての生命は不連続ゆえ「孤独」であり、「失われた連続性へのノスタルジーを持っている[2]」。バタイユによれば、存在の連続性は認識されない――ショーペンハウアーならばそれこそ認識すべきことだというだろう――が、連続性の体験はある[3]。それが、性愛の体験、供犠の体験、神聖さの体験である。

 バタイユは連続性、すなわち生命の本質を暴力的なものだと評する。生命の本質は横溢する過剰な力であり、またこの連続性に触れることは個体性の消失、すなわち死を意味する。ゆえにこのような力は個体にとって暴力なのである。個体が死んでも生命は死なない。「平然と死に挑むこと」、「この連続性への開けこそエロティシズムの奥義」[4]なのである。もっとも、実在的な死は、「存在の連続性に到達しない[5]」。実在的な死はただ個体を破壊するだけである。そうではなくて、「存在の連続性は個々の存在の根源にある[6]」。

 ショーペンハウアーの思想は「生への意志」とその否定であると言うことができる。世界は根拠律に従って主観と客観が相補的に構成する「私の表象」[7]であるが、諸現象の本体は「物自体」としての意志である。この意志は盲目的な止むことのない衝動[8]であると規定された。生への意志は自己自身を見ようと欲する意志であるが、このような対象は表象としてのみ見えうるようになるのであって、この意欲は挫折せざるを得ない。かくして世界の本体である生への意志は不断に苦を味わうことになる。しかし、ショーペンハウアーによると、この苦を認識において把握することにより、意欲が断念される可能性がある(鎮静剤としての苦の認識)。これが生への意志の否定と呼ばれた。本稿では、ショーペンハウアーが否定されるべしと考えた当のもの、生への意志が彼にどのように考えられていたか、見てみる。

 先ほど確認したように、生への意志は衝動として規定された。そして「このような衝動は無機的な自然や植物的な自然とその諸法則のうちに、さらにはまたわれわれ自身の生活の植物的な部分のうちにも現れ出ていると思う[9]」、とショーペンハウアーは述べる。「この意志の欲するもの、これこそこの世界にほかならないのであって、それはわれわれの前に現れ出ているがままの生命の世界そのものなのである。[10]」ここでショーペンハウアーが無機物のうちにまでも衝動が現れ出ていると述べるのは、いささか奇妙な印象を受ける。しかし、おそらく彼がこのように言うのは「現れ出ている」という言い方に根拠がある。表象としての無機物は、根拠律の適用によって主客相補的に構成されている。「無機的な自然」といえども、生命であるところの個体の主観性と無関係に措定されるのではないのだ。しかし、意志自体が生命的なのではない。生命的なのは個体であり、また個体に相関的な表象としての世界である。意志、物自体は衝動と言われはするものの、生命ではない。世界は死なないし、生まれると言うことはできない(カントの第一アンチノミー)。しかし、意志のあらわれは常に生命的であるはずだ。(ここを捉えてニーチェは力への意志を生命的だとみなしたのかもしれない。[11])ショーペンハウアーは生命を「イデアにのっとって考察しようとしている」とし、「いっさいの現象の奥にある物自体であるこの意志」が「誕生とか死とかにわずらわされるものではない」と言う[12]。イデアが生まれたり死んだり(生成消滅)しないことは定義上必然であって、われわれにできるのはそれを肯定したり否定したりすることだけである。

 そこでこの肯定とは、生への意志、すなわち生命として現象する意志を肯定することであるが、その典型的な例が生殖である。自殺は生への意志の肯定であると述べる文脈で生殖に言及し、ショーペンハウアーはそこで堕胎や間引きだけでなく、避妊までも否定的に批判する。

 

人が妄想をいだく次のような場合も、この種の自殺行為とまったく類似の迷路であると言えようかと思う。受胎に際し自然の目的を無効にする(避妊のこと)ことで自発的な童貞純潔と同じ目的を達成できるであろうと妄想したり、新生児のこれからの人生に苦しみが避けられないことを考慮して、その児の死を促進したりする場合である。生命に向かって突進してくるあらゆるものに生命を安全に確保するためなら、むしろしてやれることがあればなんでもしてあげなければならないというのに。[13]

 

 生殖は生への意志の肯定であり、生への意志はまず肯定されねばならない。そのあとに、その否定への道行きがある。ショーペンハウアーは「救いのための唯一の方法は、まず生きんとする意志がなににも邪魔されないで現象して、そのうえでこの現象の中に意志が自分自身の本質を認識できるようになるというまさにそのことなのである[14]」と述べる。生殖行為のあとで、それがなんらかのしかたで転換して生への意志の否定に接続するということがあるとすれば、それはどのような状況だろうか。

 先述したバタイユは、生殖行為において二つのエロティシズムを区別する。肉体のエロティシズムと心情のエロティシズムである。肉体のエロティシズムにおいて、恋人たちが自分の身体の境界を曖昧にすることで、マーヤーのヴェールは(完全にではなくとも、一時的に)「透かし見られる」ことになる。バタイユはこれを愛する相手は世界の透明さであり、そこから聖なるエロティシズムの領域が透けて見えるというように叙述する[15]。恋人たちは、「愛する者を自分のものにしたならば……おまえの心は、愛する者の心と一つになるだろう」という声に従って、「肉体の結合の可能性に心情の結合の可能性を付け加え」ようとするのだが[16]、この試みは挫折してしまう。しかし、心情の結合は成し遂げられねばならない。エロースは心情のエロティシズムの段階まで高まらなければならないのである。ショーペンハウアーが共苦によって思考している愛とは、この心情のエロティシズムを志向することであろうと私には思われる。ショーペンハウアーは肉体のエロティシズムから出発して共苦に至る場合に言及している。曰く、「純粋な愛の語らいや愛撫の調子や語句が同情の調子とぴったり一致する場合がある[17]」、と。愛する相手を自分のものにすることは死(ここでは連続性を意味する)を指し示しはしない。その愛は自分という個体に執着したままで展開されているのだから。むしろ、死は、愛する相手を追い求めるときに侵入してくる[18]。このような場合にまさに、「死におけるまで生を称えること」としてのエロティシズムが現象していると言えるだろう。個体化の原理にとらわれた不連続な存在は解体され、その上で生への意志が肯定される(称えられる)。生への意志の否定が成就されるためには、その前段階としてこの二条件、個体化の原理の震撼と、生への意志が肯定され妨げなしに現象することとが必要であった。人間的-肉体的なエロティシズムは、この二条件を満たそうとする運動である。未検討ではあるが、供犠におけるエロティシズムもこの意味において生殖のそれと同様の機能をもつとするならば、死にゆく生命に対する「汝それなり」は、インスタントに供犠を行うことだと言えるだろう。

 


【注】

以下、『エロティシズム』はジョルジュ・バタイユ、酒井健訳、ちくま学芸文庫、2004年、初版。

『意志と表象としての世界』はショーペンハウアー、西尾幹二訳、中央公論社、1975年、初版。

 

[1] 『エロティシズム』16頁。

[2] 上掲書、24頁。

[3]上掲書、38頁参照。

[4]上掲書、いずれも40頁。

[5]上掲書、36頁。

[6] 同上。

[7] 『意志と表象としての世界』111頁。

[8] 「意志は、純粋にそれ自体として見れば、認識を欠いていて、盲目的で、抑制不可能な単なる衝動にすぎない。」上掲書、502頁。

[9] 上掲書、502頁。

[10] 同上。

[11] 「だから自然あるいは世界の確実性は、現象であり、その現象は人間にとっての現象であるかぎり、人間の存在の類比から理解される現象として、虚構性、仮象性をおびる。したがって、人間の取り得るさしあたっての確実な現実は、肉体の内に生起する内的現象である欲望と情動と考えられ、唯一つ「現実に与えられているのは、欲望と情熱の世界以外のなにものでもない」と、かれは仮定したのである。その「情動生活」の原因として、かれは繰り返し方法論的な仮説として、「力への意志」を衝動的生の根底においたのである。」眞田収一郎『力への意志 ニーチェ肉体論』、風濤社、2016年、初版、75-76頁。

[12] 『意志と表象としての世界』503頁参照。

[13] 上掲書、693頁。

[14] 上掲書、693頁。

[15] 『エロティシズム』34頁。

[16] 上掲書、33頁。

[17] 『意志と表象としての世界』656頁。

[18] 『エロティシズム』33頁参照。

2016年4月28日 (木)

慢性骨髄性白血病(CML)記録


以下、同じ病気になった人の一参考のために記す。

06.04.2016
バイト後、左胸に強い痛み。歩くのもままならない。左肺再発性気胸により入院。発熱があったため、採血。白血球が異常に多いことが分かる。48万超個/1μL。具体的な病名は告げられなかったが、自然、白血病という病名を思い浮かべる。

07.04.2016
福島より父・祖母、京都着。穿刺術により骨髄液採取。不快な強い痛み。しかし激痛というほどでもない。慢性骨髄性白血病の疑いが濃厚であることを告知される。特に精神的ショックはなかった。ただ、薬代の負担と就職への漠たる不安を感じた。

08.04.2016
気力が湧かない。少し本を読んで、その他は寝て過ごした。抗がん剤(ハイドレア)を服用し始める。幸い副作用は特に感じない。若干の頭痛を覚えたくらいか。

09.04.2016
ベッドにずっと寝ていると、心身がおかしくなってくる。病室を立って、午前はデイルームで本を読む。震災関係の本である。どういう心理か、他者の役に立つことへの願望が増大している。
午後はたくさんの見舞客。うらもと、ごろうちゃん、西井、後藤、佐々木、修造さん。ありがたいこと。

10.04.2016
勉強したいが、だるい。鈍っているためか薬の副作用のためか分からない。硬い文章を読む気力がない。
この先数十年のリスクを考慮して、人生の選択をしなければならない。これからは社会保障をあてにして生活することになるが、日本の財政状況は頼りないものだ。資金運用だけでなく、海外移転の可能性も視野に入れて、フレキシブルな生活形態を獲得しなければならない。

11.04.2016
気胸のドレーンがとれた。こちらは思ったより回復が早かった。血液の方が不都合でなければ退院は近い。少なくとも自由に動ける余裕ができる。

12.04.2016
まだ確定的な診断はできていないようだ。遺伝子の検査となれば、それなりの時間がかかるのだろう。抗がん剤の効果は、3日で8万個/1μLの減少。服薬日数に対して単純な比例的減少をするならば、18日で正常に戻る計算だ。残り2週間弱。そんなに上手くいくものか分からないが。とはいえ診断が出れば分子標的治療薬を使うわけだから、もう少し早い白血球の減少が見込める。

13.04.2016
うめやまさんがお見舞いに来てくださった。グレープフルーツを買ってもらう。これからは滅多に食べられなくなる。うまい。

14.04.2016
採血の結果: 白血球が増えるスピードと抗がん剤の効果がほぼ同じに落ち着いた。骨髄の検査の結果が出た。これで診断が確定。明日からはタシグナ(ニロチニブ)を飲み始め、抗がん剤と置換していく。

15.04.2016
病床に長くいるため心身がバカになってきた。今日からタシグナを飲んでいる。今のところ特に目立った変化はない。

16.04.2016
午前2時、寒気で目覚める。頭痛と吐気。薬のせいか。
昼、食欲不振。病院食が不味いと言われるのは、身体が食べ物を受け付けない状態だからだな。
発熱、頭痛。午後3時、嘔吐。
夜、あまり食べないことにした。

17.04.2016
昼、長い苦痛を味わう。夜、右脚付け根に痛み、その他数箇所に痛み。なかなか眠れず。腎臓の数値が上がっていたので、夜の分の薬はスキップ。

18.04.2016
両前腕、両脚に痛み。右脚付け根はやはり痛い。じっとしていても動いていても苦痛。歩行はまだできるがこれ以上痛むと困難になるだろう。眠れなくなるほどの耐え難い苦痛。時間が長い。
白血球は34万個/1μL。
魚嶋先生は、ゴールデンウィーク明けに帰るつもりで、と言う。まだ先だが、見通しがつかないよりはマシだ。

19.04.2016
昨夜の痛みは朝まで持ち越し。しかし昼ごろには和らぐ。時間経過で和らぐのか、それともロキソニンの相性が合っていたのか。痛みが少ないだけで非常に気分が良い。
夜にかけて再び脚に痛み。もがかない方が落ち着くようだ。今日は患部を冷やすよりもむしろ温めてみた。それから、音楽と言葉はロキソニンより効く。

20.04.2016
体調に変化なし。白血球数は33万/1μL。

21.04.2016
体調に変化なし。

22.04.2016
体調に変化なし。白血球数は25万/1μL。薬はやはり極力スキップしない方がいい。胸の抜糸をした。

23.04.2016
副作用の強く出ないところを見て、外出許可が出た。外出しないけど。来週か再来週には退院できるとのこと。その後は服薬と通院。

24.04.2016
体調に変化なし。

25.04.2016
だんだん脚の痛みが引いてきた。白血球は19万/1μL。夕食後、家と病院を往復した。

26.04.2016
脚にひどくだるさを感じるものの、痛みというほどではなくなってきた。明後日の検査結果を見て、退院予定。

27.04.2016
脚が楽になってきた。

28.04.2016
白血球数は8万/1μL。退院。

2016年4月25日 (月)

慰安

私はその日卵を買った6個パックの白の198円を卵の買った私はその日いつものスーパー家からそう遠くないからすぐに帰れるから帰った卵は小さなレジ袋の中白い6個卵私はキッチンへ綺麗なシンク昨日磨いたのもとでその台へ卵6個パックだを置きその198円を白い開けた6個私は一つ拾い上げてその白を重い198円卵ぶつけたシンクのふち昨日磨いた綺麗に私はひびを入れた198割る6円の白に私は指を入れるようにして198割る6円のひびにだ割った入れるようにして私は入れた生ごみ入れに白ではない白の中身を割れてしまった白い指を198割る6円いつものスーパーレジ袋で帰った卵白いを生ごみ入れに入れ同様に次の一つも中身割れてしまった白を繰り返したわ

2016年4月24日 (日)

法の死


登ったことのない夕日が暮れる
悲嘆の窓辺
僕は口を引き結んで
その時間を看取ろうとしている
太陽は白く
白く老いてしまって
なけなしの誇りを自らの炉火にくべる
最後の光

その光が
人の手によって納棺され
無底の冥闇に納棺されゆっくり
ゆっくりと
運ばれて
いく
悲嘆の窓辺で僕は
口をきつく結んでいる

2016年4月23日 (土)

寝汗

肌色のカーテンで区切られた
この病室は四人部屋だから
こんな夜更けには傍迷惑だ
話をしろと誰がせがむのか

きつく訊かれて草臥れたためか
いつの間にやら夢魔の手の中へ
私が休むのは使命のゆえ
だのにどうして寝汗をかくのか

お前に一つ忠告しておく
ベッドに入ってから思い悩むな
昼の怠惰が夜に火を灯す

空は水で薄めた退屈で
時間は苦痛の別言 しかし
快癒のために十分ではない

2016年3月28日 (月)

エゴコギト小曲

人はひとと同じ ということに
安楽を感じ また同様に
絶望していもするのだ 実に
主体とは止揚されない矛盾

〈私〉はかけがえのない 個人だ
そう思うことができるのはただ
負荷があるということによってだ
それは 〈他者〉が貸し与えた不純

一人であり独りでない ひとは
超えることのできない綱渡り
見物人が見たいのは 危険

引き裂かれつつ惹かれ合い ひとは
窓の開かない獄舎(ひとや)ひと宿り
囚われ人が見たいのは 事件

2016年3月 6日 (日)

新幹線に乗ったので詩を書きました。

速さの詩学は自分自身さえ置き去りにして空また空をびりびり破く
薄闇の中に時間が溶けていき僕は生まれたばかりのときよりもっと無になる
あらゆるものが自分の形を脱ぎ棄てて物質の純粋性を輝き現し始める
羽化とはむしろ前夜祭で終わるセレモニーである

目隠しすることによって
数的偉大さは気づかれない
カテーテル入る自然の口腔内
蚯蚓の生にならいて

地上がすっかり曖昧さの腕の中で酩酊するとき
天上はひっそり偉大さの告げ知らせとして冷めていき
明晰であることは興醒めである
という曇り空の中 救いは明滅する

人は覚めない
覚めても見えない
見えても見ない
見ても知らない

君よ この星は老衰しているので
下生信仰の言うよりも早く
終わりを先取りしてしまう
祈る 時間を追い越す速度で走れ

2016年2月24日 (水)

教会に行かなかった話。

僕は今日、自分になにか新しいものをもたらさんと期待していた読書会に行かなかった。聖書の読書会である。急げば間に合った。しかし、そうしなかった。僕にはこういう癖がある。つまり、余裕がなければなにもやりたくないのだ。たとえそれが聖なる事柄であれ! しかし、惜しいとは思う、残念な気持だ。なぜだろう。僕はキリスト教のドグマにはあまり興味がない。というか、教義上のことであれば他の宗教でもいいのだ。その意味では浄土真宗にも同様に興味はある。今日は教会に行こうと思っていたが、昨日は教行信証を読んでいた。僕はそういうやつなのだ。しかし、より一般的な問題として、僕の心が宗教的なものに捉えられるのはなぜだろう。そこに神秘主義的な誘惑があるからだろうか。一方で僕はそれを認める。僕は篤信でないとはいえヌミノーゼ的感覚を理解できないわけではない。また一方で、僕は自分を改造したいのだ、そのために宗教的な実践を必要としているのだ、ということも感得できる。つまり、僕はよい人間として行動したいとは思え、どうすればいいのか分からない。だから、宗教的活動にヒントを得ようとしている、こういうことだろう。僕は(不十分ではあれ)頭では分かっているはずなのだ、よい行動とはどういうものか、どのような振る舞いがよい人間にふさわしいのか。しかし、できない。これが僕の問題だ。ここから行の必要がでてくる。いわば、自分の行為に形式を与えたいのだ。柔術において技の型を練習するように、僕の生活、僕の行為にモデルを与えたいのだ。僕は教義上のことなら分かる。教の次は行が来る。信はその後に、証はさらに後に。これは重要なことだと思う。はじめから信が確かであれば、僕の心は乱れはしないだろう。それはなにも宗教的な境位でなくとも同様である。反対に、僕は信があればそれでよいとも思わない。はじめから信じているなどというのは盲信と区別がつかないではないか。僕は少なくとも自己に対してはそれを拒絶する分別を持とう。僕に信はない。この前提を発見した。しかし、信がないことは、さらに証(弥陀一如のさとり)がないことに根拠づけられている。もとより証があれば教などいらない。証を科学的に分析する方法があればよい。しかし証立てすることなど誰にもできない。だから、宗教的実存は信によって自己自身を賭け金にする。証がないのだから、賭けるしかないのだ。信とは実際、賭けていることだろう。願掛けによって掛けられているのは、自己自身の可能性なのである。(これがさらにエゴイズムから脱すれば、愛と呼ばれることになるだろう。)おそらく、この絶望的な賭博に、絶望的だと分かっていながら自己自身を賭けたいのは、ひとがエゴイズムから脱したいからなのだ。そしてそれは、僕もおそらくそうなのだ。エゴイズムから脱するということは救済と密接な関係を持っていると思われる。ひとは自己の有限性を自覚したならば、エゴイズムの性格である無をも見徹さざるを得なくなる。それは、個人は死ねば無であるという意味だけではない。厳密な意味での個-人は、生きながらにして無なのだ。エゴイズムは無である。なんとなれば唯一絶対的な超越論的主観性そのものは、なにでもないという特徴を持つからである。超越論的主観性は、あらゆるものに意味を付与するが、意味を付与するものである自己自身は無意味性に支配されている。希望のなさ、これがエゴイズムの帰結である。ここから脱出する手立てが、救済という名で呼ばれるのだと思う。救済がもたらされるのは他者の認識によってのみである。それは神を観念するという空中浮遊でなくともよい。他者性は愛される人の認識によってより具体的な形で指示されるだろう。しかしながら、なお聖なるものが僕を誘惑するとすれば、それは自己意識を第三者的認識との対面者として措定し、相対化させることで、生活一般に倫理性を与えるからであろう。愛される者の前では一方、主体は絶対化されるのである。(厳密な哲学はエゴイズムでしかありえない。近代哲学から現象学に至る道筋の到達点は自己自身である。しかし救済には意志の死が必要なのだ、とショーペンハウアーやキルケゴールが指摘するのはそれと矛盾した事柄ではない)

2016年2月19日 (金)

あたまがいたい。

僕の視神系はその機能によって傷つく
脳の素晴らしいハルモニアはとても敏感な全体主義だ
痛みの大演奏会は音を自らの記憶から引き出してくる
民間医療よ! お前は神を信じるか
僕の自律神経は蚤の市だ

僕は1400gの天球をぐるぐる回しながら資本主義の威力を知る
つまり万物の秩序に従ってアセチルコリンが算盤でパチリ、セロトニンが算盤でパチリだ
ああこれは教会が夜を告げる鐘なのか
それとも千の天使がラッパ吹く朝か
理解しがたい神聖さ
まるで乱痴気騒ぎだ
こいつら殺しにかかっているのだ
全くふざけた祝福 感謝の祈りを捧げなければならぬ アーメン!
そして祈りの後は静かに眠るのだ、そうさせてくれ頼む
それが生あるものの希望というものじゃね
とはいえ静かな眠り! これこそ人生最大の困難
おい僕の手はどこでバカンス中なのだ 痙攣したり泳いだり あぶく立てる血液に恍惚としているわ
いよいよ鳴り止まぬ! 僕は胃液なき聖なる身体 大地に自らの油を注いだ者
聖人は腹の底から酸いアーメンの告白が垂れ流しなのである!
問う、鐘を撞くのは誰だ 憐れな罪人である宇宙に石を投げるのは
お前神のみもとへ
僕の眼神経よ、核融合炉よ、太陽に類似した痛みよ
忌むべき自然法則の律法者に一撃を
お前を記憶する神殿は廃墟でなければならぬ、どうにも!

2015年6月30日 (火)

保管: 『自明性の喪失』

「jimeiseinosoushitsu.docx」をダウンロード

«「○○トアル風景」

フォト
無料ブログはココログ