« 慢性骨髄性白血病(CML)記録 | トップページ

2016年10月 7日 (金)

性(セックス)とは何か? 生殖とは何か?

生への意志の挫折としての生殖



 バタイユは、「エロティシズムとは、死におけるまで生を称えること[1]」だと『エロティシズム』の冒頭で述べる。この書においてバタイユが描こうとしたのは、人間が性愛や供犠によってその生命の失われた連続性を回復しようとするさまである。バタイユは、生命は本来連続的なものだと考えている。しかし、生命は個体というかたちで現象するゆえ、その連続性は絶ち切られる。ゆえに個体は不連続な存在と呼ばれる。個体としての生命は不連続ゆえ「孤独」であり、「失われた連続性へのノスタルジーを持っている[2]」。バタイユによれば、存在の連続性は認識されない――ショーペンハウアーならばそれこそ認識すべきことだというだろう――が、連続性の体験はある[3]。それが、性愛の体験、供犠の体験、神聖さの体験である。

 バタイユは連続性、すなわち生命の本質を暴力的なものだと評する。生命の本質は横溢する過剰な力であり、またこの連続性に触れることは個体性の消失、すなわち死を意味する。ゆえにこのような力は個体にとって暴力なのである。個体が死んでも生命は死なない。「平然と死に挑むこと」、「この連続性への開けこそエロティシズムの奥義」[4]なのである。もっとも、実在的な死は、「存在の連続性に到達しない[5]」。実在的な死はただ個体を破壊するだけである。そうではなくて、「存在の連続性は個々の存在の根源にある[6]」。

 ショーペンハウアーの思想は「生への意志」とその否定であると言うことができる。世界は根拠律に従って主観と客観が相補的に構成する「私の表象」[7]であるが、諸現象の本体は「物自体」としての意志である。この意志は盲目的な止むことのない衝動[8]であると規定された。生への意志は自己自身を見ようと欲する意志であるが、このような対象は表象としてのみ見えうるようになるのであって、この意欲は挫折せざるを得ない。かくして世界の本体である生への意志は不断に苦を味わうことになる。しかし、ショーペンハウアーによると、この苦を認識において把握することにより、意欲が断念される可能性がある(鎮静剤としての苦の認識)。これが生への意志の否定と呼ばれた。本稿では、ショーペンハウアーが否定されるべしと考えた当のもの、生への意志が彼にどのように考えられていたか、見てみる。

 先ほど確認したように、生への意志は衝動として規定された。そして「このような衝動は無機的な自然や植物的な自然とその諸法則のうちに、さらにはまたわれわれ自身の生活の植物的な部分のうちにも現れ出ていると思う[9]」、とショーペンハウアーは述べる。「この意志の欲するもの、これこそこの世界にほかならないのであって、それはわれわれの前に現れ出ているがままの生命の世界そのものなのである。[10]」ここでショーペンハウアーが無機物のうちにまでも衝動が現れ出ていると述べるのは、いささか奇妙な印象を受ける。しかし、おそらく彼がこのように言うのは「現れ出ている」という言い方に根拠がある。表象としての無機物は、根拠律の適用によって主客相補的に構成されている。「無機的な自然」といえども、生命であるところの個体の主観性と無関係に措定されるのではないのだ。しかし、意志自体が生命的なのではない。生命的なのは個体であり、また個体に相関的な表象としての世界である。意志、物自体は衝動と言われはするものの、生命ではない。世界は死なないし、生まれると言うことはできない(カントの第一アンチノミー)。しかし、意志のあらわれは常に生命的であるはずだ。(ここを捉えてニーチェは力への意志を生命的だとみなしたのかもしれない。[11])ショーペンハウアーは生命を「イデアにのっとって考察しようとしている」とし、「いっさいの現象の奥にある物自体であるこの意志」が「誕生とか死とかにわずらわされるものではない」と言う[12]。イデアが生まれたり死んだり(生成消滅)しないことは定義上必然であって、われわれにできるのはそれを肯定したり否定したりすることだけである。

 そこでこの肯定とは、生への意志、すなわち生命として現象する意志を肯定することであるが、その典型的な例が生殖である。自殺は生への意志の肯定であると述べる文脈で生殖に言及し、ショーペンハウアーはそこで堕胎や間引きだけでなく、避妊までも否定的に批判する。

 

人が妄想をいだく次のような場合も、この種の自殺行為とまったく類似の迷路であると言えようかと思う。受胎に際し自然の目的を無効にする(避妊のこと)ことで自発的な童貞純潔と同じ目的を達成できるであろうと妄想したり、新生児のこれからの人生に苦しみが避けられないことを考慮して、その児の死を促進したりする場合である。生命に向かって突進してくるあらゆるものに生命を安全に確保するためなら、むしろしてやれることがあればなんでもしてあげなければならないというのに。[13]

 

 生殖は生への意志の肯定であり、生への意志はまず肯定されねばならない。そのあとに、その否定への道行きがある。ショーペンハウアーは「救いのための唯一の方法は、まず生きんとする意志がなににも邪魔されないで現象して、そのうえでこの現象の中に意志が自分自身の本質を認識できるようになるというまさにそのことなのである[14]」と述べる。生殖行為のあとで、それがなんらかのしかたで転換して生への意志の否定に接続するということがあるとすれば、それはどのような状況だろうか。

 先述したバタイユは、生殖行為において二つのエロティシズムを区別する。肉体のエロティシズムと心情のエロティシズムである。肉体のエロティシズムにおいて、恋人たちが自分の身体の境界を曖昧にすることで、マーヤーのヴェールは(完全にではなくとも、一時的に)「透かし見られる」ことになる。バタイユはこれを愛する相手は世界の透明さであり、そこから聖なるエロティシズムの領域が透けて見えるというように叙述する[15]。恋人たちは、「愛する者を自分のものにしたならば……おまえの心は、愛する者の心と一つになるだろう」という声に従って、「肉体の結合の可能性に心情の結合の可能性を付け加え」ようとするのだが[16]、この試みは挫折してしまう。しかし、心情の結合は成し遂げられねばならない。エロースは心情のエロティシズムの段階まで高まらなければならないのである。ショーペンハウアーが共苦によって思考している愛とは、この心情のエロティシズムを志向することであろうと私には思われる。ショーペンハウアーは肉体のエロティシズムから出発して共苦に至る場合に言及している。曰く、「純粋な愛の語らいや愛撫の調子や語句が同情の調子とぴったり一致する場合がある[17]」、と。愛する相手を自分のものにすることは死(ここでは連続性を意味する)を指し示しはしない。その愛は自分という個体に執着したままで展開されているのだから。むしろ、死は、愛する相手を追い求めるときに侵入してくる[18]。このような場合にまさに、「死におけるまで生を称えること」としてのエロティシズムが現象していると言えるだろう。個体化の原理にとらわれた不連続な存在は解体され、その上で生への意志が肯定される(称えられる)。生への意志の否定が成就されるためには、その前段階としてこの二条件、個体化の原理の震撼と、生への意志が肯定され妨げなしに現象することとが必要であった。人間的-肉体的なエロティシズムは、この二条件を満たそうとする運動である。未検討ではあるが、供犠におけるエロティシズムもこの意味において生殖のそれと同様の機能をもつとするならば、死にゆく生命に対する「汝それなり」は、インスタントに供犠を行うことだと言えるだろう。

 


【注】

以下、『エロティシズム』はジョルジュ・バタイユ、酒井健訳、ちくま学芸文庫、2004年、初版。

『意志と表象としての世界』はショーペンハウアー、西尾幹二訳、中央公論社、1975年、初版。

 

[1] 『エロティシズム』16頁。

[2] 上掲書、24頁。

[3]上掲書、38頁参照。

[4]上掲書、いずれも40頁。

[5]上掲書、36頁。

[6] 同上。

[7] 『意志と表象としての世界』111頁。

[8] 「意志は、純粋にそれ自体として見れば、認識を欠いていて、盲目的で、抑制不可能な単なる衝動にすぎない。」上掲書、502頁。

[9] 上掲書、502頁。

[10] 同上。

[11] 「だから自然あるいは世界の確実性は、現象であり、その現象は人間にとっての現象であるかぎり、人間の存在の類比から理解される現象として、虚構性、仮象性をおびる。したがって、人間の取り得るさしあたっての確実な現実は、肉体の内に生起する内的現象である欲望と情動と考えられ、唯一つ「現実に与えられているのは、欲望と情熱の世界以外のなにものでもない」と、かれは仮定したのである。その「情動生活」の原因として、かれは繰り返し方法論的な仮説として、「力への意志」を衝動的生の根底においたのである。」眞田収一郎『力への意志 ニーチェ肉体論』、風濤社、2016年、初版、75-76頁。

[12] 『意志と表象としての世界』503頁参照。

[13] 上掲書、693頁。

[14] 上掲書、693頁。

[15] 『エロティシズム』34頁。

[16] 上掲書、33頁。

[17] 『意志と表象としての世界』656頁。

[18] 『エロティシズム』33頁参照。

« 慢性骨髄性白血病(CML)記録 | トップページ

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

哲学」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 性(セックス)とは何か? 生殖とは何か?:

« 慢性骨髄性白血病(CML)記録 | トップページ

フォト
無料ブログはココログ